最強ポートフォリオ(2014-2018)


現時点(2018年09月)でのポートフォリオをご紹介します。

[2015/01/24追記]
案件について期待度を込めたランク付けをしてみました。

[2015/12/21追記]
格付会社で有名な「S&P」を参考に、案件の格付を変更しました。

[2015/012/23追記]
案件名の表記を変更しました。本ブログ上では、この表記で統一することにします。

 

■ 案件(1) LLP案件 (AA- / A-1+

こちらは、2014年に出資を決めた大型案件。事業は2015年2月にスタート。
守秘義務があるため、詳しくは書けませんが、LLPという事業組織に出資しています。

第一期は無事期末を迎え、現在は第二期に入っています。
この案件は、毎年、経常利益(黒字)に対して「〇%」の配当があります。
配当のパーセンテージは、出資の口数によって変わってきます。

私の場合、「経常利益に対して2%の配当」で、組織が継続する限り
(少なくとも10年間)は毎年配当をもらう権利があります。(赤字の場合を除く)

この10年間というのは法務局に登記された情報に基づくものです。
なお、組合の決議により、この期間は延長することができます。

LLPは、非営利法人などではなく、利益を追求する事業組織ですので、
業績が伸びればそれに準じて配当も上がっていくという仕組みです。
事務局(活動拠点)は関西なので、私の場合、理事会(決算報告など)には
基本的に欠席する形となります。

 

 【事業利益に対する配当】(※私の場合です)

事業利益が 1億円だった場合 ⇒ 150万円175万円の配当がもらえます。
事業利益が 5億円だった場合 ⇒ 750万円875万円の配当がもらえます。
事業利益が 10億円だった場合 ⇒ 1500万円1750万円の配当もらえます。

※皮算用ですので、本気にしないでください。妄想ですw。
※税金は、考慮していません。実際には申告&納税が発生します orz。

 

[2015/12/13追記]
事務局から、決算期の案内が来ました。第一期の期末は予定通り2016年1月末日。
決算報告のための報告会は2月になるみたいです。(日程は未確定)
欠席者(私も含め)には、報告書(議事録&損益計算書)が送付されるとのこと。

[2015/12/20追記]
期待度は、最高ランクのSSSを超えて「SSS☆☆☆」としました。
S&P基準で最高評価の「AAA / A-1+」に変更しました。

[2016/02/11追記] 2016年1月末をもってLLPの第一期が終了しました。
第一期の経常利益が「募集した出資合計金額(全体)を上回ってる」という条件付きですが、
条件をクリアすれば2016年3月末までに配当が支払われる形になります。

LLP法では、決算締日から2か月以内に決算書の作成と配当の手続きを
しなければならないという決まりがあります。上の条件をクリアしていることを
祈りつつ、待ちたいと思います。

[2016/03/02追記] 2月の下旬に事務局から、出資者の募集再開の案内あり。
早速、1口の追加を行いました。これで合計7口の出資になりました。

目標はあと1口の追加です。
申し込みまでに枠が埋まらないことを祈るばかりです。

[2016/04/09追記] 決算処理が終了し、3月末に決算報告会(第一期)が行われました。
遠方のため私は欠席しましたが、先日議事録(損益計算書)が届きました。
それによると、第一期は「黒字」で終了したということでした。

細かい金額は、書けませんが高額ではない(振込手数料等で相殺)ため
繰り越す形を取るとの発表でした。

議事録によると、LLP設立直後の決算(第一期)で黒字であることは
まず【ありえないくらい優秀】とのことで、今後に期待してくださいとのことでした。
既に第二期に入っていますが、1年後に期待したいと思います。

[2018/09/27追記]
本年3月末に第三期の決算が終了し、少額ですが配当も出ました。
ここでは書けませんが、問題も出てきています。一時は存続も危ぶまれる状況でしたが
それは回避されたとのことです。これにより期待値を少し下げました (^^;

 

■ 案件(2) 銀座いわ案件 (AA- / A-1+) 

こちらも、2014に出資を決めた大型案件となります。

香港市場で上場を目指している、料理店(寿司・炭火焼肉)に出資中。
香港版ミシュランで☆を獲得!期待度高の案件です。

 

[2015/01/24追記]
近々、新たな動きがありそうです。興味がある方はご連絡ください。
情報提供者の方を紹介いたします。

 

[2015/11/08追記] 上場確定ではありませんが、上場スキームに入るとの報告がありました。
出資者の登記簿情報がロック(固定)されるそうです。これにより、増資や出金も不可となります。

 

■ 案件(3) ブックメーカー案件 (AAA / A-1+) 

久しぶりに出てきた超鉄板型で即効性の高い案件となります。
2018年の7月下旬より本格的にスタートさせました。bet365というサイトを使った
サッカーの賭けに参加しています。現在は自動化されているので監視だけで何もしていません ( ^ ^ ) v

ただし、月額利用料が高いのが痛いですが、それだけの価値があると思っています。

 

■ まとめ

今までに、かなりの数の投資案件に手を出してきました。詐欺まがい、マルチまがいのものも含まれます。
ひとつ確定的に言えることがあります。それは「大々的に宣伝している案件は、ほぼ期待できない
です。

いわゆる無料オファーというものが多数出ていますが、それは【撒き餌】ででしかなく、裏には高額商材の勧誘が待ち受けている可能性が高いです。
むやみに参加するのはできるだけ控えた方が良いと思います。



[案件短評]
(1) LLP ・・・・・・・・・・・ 早期リタイアの鍵を握る案件
(2) 銀座いわ ・・・・・・・ 早期リタイアの鍵を握る案件
(3) ブックメーカー ・・  即効性があり、爆発的な利益発生中!

 

ランク表

 

長期評価 短評 短期評価 短評
AAA Prime A-1+ Investment-grade
AA+ High grade
AA
AA-
A+ Upper medium
grade
A-1
A
A- A-2
BBB+ Lower medium
grade
BBB A-3
BBB-
BB+ Non-investment
grade speculative
B Non-investment grade
aka high-yield bonds
aka junk bonds
BB
BB-
B+ Highly speculative
B
B-
CCC+ Substantial risks C
CCC Extremely
speculative
CCC- Default imminent with little
prospect for recovery
CC
C
D In default /

 

(参考:https://en.wikipedia.org/wiki/Bond_credit_rating)