外出先でVPSに接続する方法!(接続設定編)


こんばんは。投資戦略家マリンです。
今日は、スマホアプリでVPSに接続する方法を紹介します。

STEP 00 事前に準備するもの。

 

Androidアプリ「RemoteToGo」がインストールされた端末。
ここでは、アプリの探し方やインストール方法については割愛します。

 

STEP 01 アプリ「RemoteToGo」の起動。

 

アプリが立ち上がったら、「New Connection」をタップします。

ss_001

 

STEP 02 接続タイプを選択。

 

接続のタイプを選択します。ここでは、「RDP」を選択してください。
OKをタップして次に進みます。

 

ss_002

 

STEP 03 接続名を入力。

 

ラベル(Label)というのは、設定を保存した時に見える名前です。
タップすると入力画面が出ますので入力します。

ここでは「WIN-VPS_NY」としました。複数設定できるので、
分かりやすい名前を付けると良いでしょう。OKをタップして次に進みます。

ss_003

ss_004

 

STEP 04 Host(ホスト)の設定。

 

Hostとは「IPアドレス」の事だと考えて頂いてOKです。
分かりやすく言うと「家がある場所(住所)」のことです。

VPSを申し込んだ業者(ここではWIN-VPS.com)から来るメールを見ながら
IPアドレスを入力し、OKをタップします。

 

ss_005

ss_006

 

STEP 05 Port(ポート)の設定。

 

Portと言うのは、家の玄関に付いている「鍵穴」のようなものです。
これも、VPS業者から届くメールに指定がありますので確認してください。

 

ss_007

ss_008

 

STEP 06 接続時の認証情報を設定。

 

続いて、接続時に必要な認証情報を入れていきます。
Credentialsをタップして次に進みます。

 

ss_009

 

STEP 07 ユーザー名の設定。

 

VPS業者から届くメールを参照して、ユーザー名を入力します。
OKをタップして次に進みます。

 

ss_010

ss_011

 

STEP 08 パスワードの設定。

 

続いてパスワードの設定です。これもVPS業者からのメールを確認してください。
入力したら、OKをタップして次に進みます。

 

ss_012

ss_013

 

STEP 09 接続設定の保存。

 

最後に、ここまでに設定した情報を保存します。
端末の左下にある矢印(赤枠)をクリックすると保存するか聞かれます。
YESをタップすると、情報がアプリに保存されます。

ss_014

ss_015

 

STEP 10 接続の確認。

 

設定が保存されたら、最初に設定した「ラベル」の名前が
出ているはずです。これをタップすると接続を開始します。

長押しすると、設定の編集が出来ますので接続に失敗した場合は、
見直しをしてみてください。ポートやパスワードの入力ミスが多いです。

 

ss_016

ss_017

ss_018

 

接続設定編は以上となります。お疲れ様でした!

 

 

ブログランキング(応援をお願いします!)


にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
ブログ更新の活力剤になります!クリックをお願いしますm(_ _)m

経済指標カレンダー

金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

スポンサー

ライブ通貨クロスレート


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。
専業独立を目指す投資戦略ブログ(検証EAの成績公開中!) © 2015-2017 Frontier Theme