月別: 2015年12月

外出先でVPSに接続する方法!(接続設定編)

こんばんは。投資戦略家マリンです。
今日は、スマホアプリでVPSに接続する方法を紹介します。

STEP 00 事前に準備するもの。

 

Androidアプリ「RemoteToGo」がインストールされた端末。
ここでは、アプリの探し方やインストール方法については割愛します。

 

STEP 01 アプリ「RemoteToGo」の起動。

 

アプリが立ち上がったら、「New Connection」をタップします。

ss_001

 

STEP 02 接続タイプを選択。

 

接続のタイプを選択します。ここでは、「RDP」を選択してください。
OKをタップして次に進みます。

 

ss_002

 

STEP 03 接続名を入力。

 

ラベル(Label)というのは、設定を保存した時に見える名前です。
タップすると入力画面が出ますので入力します。

ここでは「WIN-VPS_NY」としました。複数設定できるので、
分かりやすい名前を付けると良いでしょう。OKをタップして次に進みます。

ss_003

ss_004

 

STEP 04 Host(ホスト)の設定。

 

Hostとは「IPアドレス」の事だと考えて頂いてOKです。
分かりやすく言うと「家がある場所(住所)」のことです。

VPSを申し込んだ業者(ここではWIN-VPS.com)から来るメールを見ながら
IPアドレスを入力し、OKをタップします。

 

ss_005

ss_006

 

STEP 05 Port(ポート)の設定。

 

Portと言うのは、家の玄関に付いている「鍵穴」のようなものです。
これも、VPS業者から届くメールに指定がありますので確認してください。

 

ss_007

ss_008

 

STEP 06 接続時の認証情報を設定。

 

続いて、接続時に必要な認証情報を入れていきます。
Credentialsをタップして次に進みます。

 

ss_009

 

STEP 07 ユーザー名の設定。

 

VPS業者から届くメールを参照して、ユーザー名を入力します。
OKをタップして次に進みます。

 

ss_010

ss_011

 

STEP 08 パスワードの設定。

 

続いてパスワードの設定です。これもVPS業者からのメールを確認してください。
入力したら、OKをタップして次に進みます。

 

ss_012

ss_013

 

STEP 09 接続設定の保存。

 

最後に、ここまでに設定した情報を保存します。
端末の左下にある矢印(赤枠)をクリックすると保存するか聞かれます。
YESをタップすると、情報がアプリに保存されます。

ss_014

ss_015

 

STEP 10 接続の確認。

 

設定が保存されたら、最初に設定した「ラベル」の名前が
出ているはずです。これをタップすると接続を開始します。

長押しすると、設定の編集が出来ますので接続に失敗した場合は、
見直しをしてみてください。ポートやパスワードの入力ミスが多いです。

 

ss_016

ss_017

ss_018

 

接続設定編は以上となります。お疲れ様でした!

 

 

WIN-VPS.comの申し込み方法を日本語で解説!

皆さんは、どのような環境でEAを稼働させていますか?
今回は、「WIN-VPS.com」の申し込み方法を日本語で解説します。

STEP 00 事前に準備するもの

申し込みをする前に下記のものを準備しておきましょう。

 

 

STEP 01 WIN-VPS.comサイトへアクセス。

 

申し込みをするには、「WIN-VPS.com」のサイトに行かないと始まりません。
さっそくアクセスしてみましょう!画像をクリックすると新しいタブで開きます。

※リンク先サイト(Win-VPS.com)は全て英語となります。

 

001_vps-order

 

STEP 02 契約したいプランを選択。

 

続いて、契約するプランを選択します。おススメは「BRONDS VPS」です。
たくさんMT4を開いてバリバリ使うという人でない限りこのプランで良いでしょう。

契約したいプランの、「BUY A SERVER」をクリックすると、次のページに進みます。

 

002_vps-order

 

STEP 03 契約(オーダー)を開始。

 

確認画面が出てきますので「ORDER」をクリックしましょう。

 

003_vps-order

 

STEP 04 契約プランの確認。

 

まずは、契約プランの確認です。
ここでは「BRONDS-1」が表示されていることを確認します。

 

004_vps-order

 

STEP 05 契約期間の選択。

 

契約期間は1か月ごとの契約】12か月ごとの契約】を選択することができます。
12か月を選ぶと月額料金が少し割引されます。

まずは、1か月ごとの契約】を選んでみて、気に入ったら継続、
そしてある程度したら12か月ごとの契約】に切り替えてもいいと思います。

 

005_vps-order

 

STEP 06 VPSで使用したいOSを選択。

 

ここでは、「Windows2008 R2」を選択しています。
Windows7にスタイルが似ているのでとっつきやすいです。

 

006_vps-order

 

STEP 07 契約したいVPSの設置場所(国 / 都市)を選択。

 

OSを選択すると、VPSの設置場所(国 / 都市)が選択できます。
FXの取引サーバーはニューヨークやイギリスに集中していると言われています。

特に理由がなければ「ニューヨーク」を選択するのが良いと思います。
ちなみに「イギリス」を選択するとOSが強制的に【Windows2012 R2】で納品されます。ご注意を!

01_4

STEP 08 ここまでの内容を確認。

 

一番下にある「Add to Cart」をクリックするとカート(買い物かご)に入ります。
【Addons】については何もチェックしなくて問題ありません。

 

007_vps-order

 

STEP 09 契約内容と決済金額の確認。

 

内容に間違いがないか確認して「Checkout」をクリックします。

 

008_vps-order

 

STEP 10 契約者情報の登録。

 

続いて、契約者の情報を入力していきます。記入例を入れておきました。
参考にしてください。

 

009_vps-order

①名前 : 【Taro】 契約者の名前を入力します。  
②苗字 : 【Yamada】 契約者の苗字を入力します。
③メールアドレス : 普段お使いのメールアドレスを入力します。
④国 : 【Japan】 居住している国名を選択します。
⑤都市 : 【Tokyo】 居住している都市名(都道府県)を入力します。 
⑥区 : 【Chiyoda-ku】 居住している区(市町村)を入力します。 
⑦郵便番号 : 【100-0000】 郵便番号を入力します。 
⑧パスワード : パスワードを入力(2回)します。
⑨決済方法 : 一番上の【Paypal or Card via paypal】を選択します。
⑩利用規約への同意 : クリックしてチェックボックスにチェックを入れます。
⑪確定ボタン : 一番下の【CompleteOrder】をクリックすると契約申し込みの完了となります。

 

STEP 11 決済情報の最終確認。

 

確認画面が表示されますので、「Pay Now」をクリックします。

 

010_vps-order

 

STEP 12 ペイパル経由で決済(クレジット)手続きを開始。

 

ペイパルのアカウントを取得済みの方
赤枠の「PayPalアカウントから支払う」を選択します。

ペイパルのアカウントを持っていない方
青枠のところに必要な情報を入力していきます。
入力が終わったら「同意してアカウントを作成」をクリックして先に進みます。

 

011_vps-order

 

STEP 13 決済(クレジット)情報の確認。

 

確認画面が出るので、「同意して払う」を押すと決済が完了します。

 

012_vps-order

 

STEP 14 決済手続き完了。

 

下記のような画面が出てくれば、全ての手続き完了となります。

しばらくすると、申し込み時に記入したメールアドレス宛にメールが届きます。
その中に、接続用のIPアドレスやユーザーID、パスワードが記載されています。

013_vps-order

 

申し込み&決済の手続きは以上となります。
お疲れ様でした。

ライブ通貨クロスレート


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。
専業独立を目指す投資戦略ブログ(検証EAの成績公開中!) © 2015-2017 Frontier Theme